セフレ掲示板でアウトドアセックスを楽しもう

セフレ掲示板でアウトドアセックスを楽しもう

セフレ掲示板ではマンネリを打破していつもと違うセックスをしてみたいと思っている人も多いでしょう。
そして非日常を味わいたいのであればお勧めしたいのがアウトドアセックスです。

アウトドアセックスとは言葉通りアウトドアをしながらセックスを楽しむ行為です。

セフレ掲示板でもプロフィールの趣味の欄に「アウトドアが好きでキャンプによく行きます」などとアピールしている人がいますよね。
プロフィールにアウトドアが好きと書くのは社交的で外で遊ぶ事が好き、バーベキューなどをするというリア充アピールかもしれません。
現実問題としてセフレ掲示板で出会った相手とはラブホに直行しセックスだけして別れる関係が大半です。

そのためなかなかセフレと一緒にキャンプに行こうとはなりませんよね。
しかし考えてみて下さい。
社会人になってなかなか学生時代の友達と休みが合わずに疎遠になってしまいキャンプに誘える相手がいないという人は多いのではないでしょうか?

キャンプ=準備が大変そうというイメージもあるかもしれませんが最近はキャンプ場が全て道具を揃えてくれてレンタル出来るサービスもあります。

それなら近場のキャンプ場で1泊2日過ごすぐらいなら週末の気分転換にいいと思いませんか?

しかもアウトドアセックスは何が魅力かというと非日常の空間を味わう事が出来開放的な気分になれます。
さすがに青姦をするのは抵抗があるという人でもテントの中であれば人目も遮られるので安心です。
ただしテントは人目を遮ってくれますが薄い布1枚なので音まで遮ってくれる訳ではありません。

そのため周囲に聞かれたらどうしようと声を押し殺す必要があるのでそれもまたアウトドアセックスの刺激をなります。
満天の星空の下でランタンの明かりだけが頼りの状態でロマンチックな雰囲気も満点のはずです。

あとアウトドアセックスをする時の注意点はセックスをするための準備を怠らない事です。

ラブホのようにコンドームやローション、タオルが全て用意されている訳ではありません。
キャンプ場でレンタル出来るのは当然ながらキャンプで必要な道具だけです。

なのでセックスに必要な道具は自分たちで用意していきましょう。
キャンプ場によってはシャワーが用意しているところもありますが大半のキャンプ場ではシャワーはありません。
なのでセックスの際に手や身体が汚れた時に拭けるようにウェットテッシュなども用意しておく事をお勧めします。

テントのランタンの明かりはロマンチックな雰囲気を作ってくれますがセックスの最中は明かりは消しておきましょう。

自然に囲まれたキャンプ場では人工的な明かりはほとんどありません。
そのためランタンの明かりをつけたままセックスをしてしまうと人影がはっきりと見えてしまいセックスをしている事が一目瞭然になってしまいます。

セフレテクニックカテゴリの最新記事